忍者ブログ
EDの風車

ダルマ式モノローグ~アニャン氏とエトセトラ別館~ダルマ式モノローグ(アニャエトラ別館)

略してダルモノ。三銃士サイト「アニャン氏とエトセトラ」の別館。サイトの裏話とか独り言とかマイブームとか。

お遊び→ ダルタニャンbot アニ三キャラソート マスケティアキャラソート

追加しました

一つ下の記事に追加事項を入れましたので、読んでやってください。
どなたかこういうのに詳しい方いらっしゃいませんかね~?

要は17世紀当時、1ポンドが何フランだったかを知りたいだけなんですけどねえ。
ズバリどこかに書いてないかと検索したりもしてみたけど、見つかりませんでした。(検索ベタ?)

拍手[0回]

PR

1ポンドは何フラン?

COASAさん、こんにちは!けいです。
「17世紀当時、1ポンドが何フランだったか」という命題を見て、私もハタと考え込みました。そう…ですよね…仲が悪いとか言っても(笑)、人の往来は貿易はあった訳でして…。
今と違って、当時は通貨同士の市場とかレートがあったわけではなく…大事な言葉を忘れているような気がして頭の中でウロウロしていたら、やっと思い出しました!「金本位制」!メチャメチャ端折って言うならば、金を共通の単位とする考え方ですね!
実のところ、長い宗教戦争の結果欧州の貨幣価値のバランスは非常に崩れていて、抜本的な改革が必要な時期だったそうです。ルイ13世とリシュリューが行った1640年の貨幣改革の辺りについては、私も「とんでもない量の贋金を」を書いた時に多少資料を見たので、もう一度確認してみました。以下は、「西洋貨幣史」(久光重平著 国書刊行会 1995年)からの抜粋になります。
1640年の貨幣改革で、金貨の単位は1フラン=1ルイと名称が変わり、実質的には5リーヴル相当。この5リーヴルという高値は、戦争による金の高騰でもたらされたそうです。1ルイ金貨3.35グラム中、958.33/1000が金だそうです。
最初の命題に戻って、ポンドとの関係となれば、「イギリスの金貨に何グラムの金が使われ、なおかつその金貨が何ポンド相当であるか」で、答えが出るはずなのですが…おおっと!迂闊!なんと私は資料のコピーを、フランスの箇所しか取っていませんでした!わー!役立たず!
と、言うわけで…一度上記の資料をご覧になってはいかがでしょう?私も確認したいのですが、何せこの本がある図書館が遠くて…(焦)
「西洋貨幣史」を見ると気づくのですが、三銃士ファンにはお馴染みの「ピストール」という単位はほとんど出てきません。金と銀の価値比も非常に不安定ですし、その上「悪貨は良貨を駆逐する」…。なので、私はパスティーシュを書く時には、あまり厳密な貨幣価値には拘りませんでした(笑)。と、言うか拘れないんです!(逆ギレ)。でもCOASAさんの資料としての探求は、そうは行きませんよね。とても参考にさせていただいているだけに、私の迂闊さが悲しいです(笑)。
  • from 山川 慧 :
  • 2006/02/18 (14:58) :
  • Edit :
  • Res

あれ?

すみません、私は下の記事に追加が入っているのを全然見ていませんでした!あははは!私の事は忘れて、ジュリアン!!(意味不明。猛ダッシュ)
  • from 山川 慧 :
  • 2006/02/18 (22:36) :
  • Edit :
  • Res

わかったわキャシー!(←よくわからん。笑)

慧さんこんばんは。
いろいろ調べていただいてありがとうございました!
私は、ひたすらダル物の記述をまとめたりとかするのは好きなんですが、時代考証のようないろんな資料を引っ張り出して検証、みたいなことは実はすごく苦手なので、皆さんのご意見だけが頼りなのです~。(申し訳ないと思いつつも頼りきり)

とにかく、その貨幣改革のあったという1640年を基準とした方がわかりやすそうですね。
(三銃士の時代と若干ずれるかもしれませんが、目安にはなると思いますし)

慧さんの情報から計算しますと、
1ルイ金貨に含まれる金は3.21グラムですね。
1ルイ=1フランということでいいのでしょうか?

>「イギリスの金貨に何グラムの金が使われ、なおかつその金貨が何ポンド相当であるか」で、答えが出るはずなのですが

これであれば、ぶるー・べるさんにご紹介いただいたサイトでわかりそうですね。
(参考文献に「西洋貨幣史」が含まれてます)

1ギネア金貨(というのでしょうか?)に金が8.35グラム含まれるとされてます。
1ポンドを20とすると、1ギネアは21くらいの価値とのことです。
金の量に置き換えて計算すると7.95グラムくらい。

1フラン:1ポンド=3.21:7.95と考えて差し支えないのなら、
1フラン=2.48ポンドということになるんですが。

…計算合ってますかね?

ただ、上のサイトで【Louis D'or(金6.5~8.2g)】(1640~1792)ていう記述があるのが気になるんですよね。
これが慧さんのくださった情報とちょっと違ってくる点です。

まずは「西洋貨幣史」を読んでみるべきなんでしょうね。(汗)

それにしても、金貨に含まれる金の量(銀もしかり)で通貨の価値が決まってたんですね。
そんな常識的なことも今回のことが浮上するまで知りませんでしたよ、私ってば。(苦笑)
  • from COASA :
  • 2006/02/20 (02:55) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

<< 2017/09 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

過去の記事へ

最新コメント

ブログ内検索

ブックマーク

<COASAの三銃士サイト>
・アニャン氏とエトセトラ
・リンク集

プロフィール

COASA[コアサ](41)♀
詳しくは自己紹介へどうぞ

Web拍手
よかったらポチっとお願いします。

一話一絵

Twitter

バーコード

Copyright ©  -- ダルマ式モノローグ(アニャエトラ別館) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Arrange by COASA / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]